高齢者・障がい者福祉サービス ひだまりグループ お問い合わせはこちら TEL:0280-91-1505 住所:古川市釈迦278-1

障がい福祉センター みらいについて

速報!!漢字能力検定合格者発表(^O^)

障がい者就労施設初!!漢字能力検定試験開催

障がい者就労施設として初となる漢字検定能力試験会場に「公益財団法人 日本漢字能力検定協会」様より認定を受け、障がい福祉センターみらいの利用者4名が受験し、3名が合格致しました!(^^)!


試験前日は泊まり込みで勉強する方、緊張して本番上がっていた方・・・皆が自分の力を発揮できるよう、試験まで精一杯努力し、結果を得ることができました!!

障がい者の方やそのご家族からよくこんなお話を聞きます。
「障がいがあるから○○はできない・・・」、「うちの子は障がいがあって、△△なことはできないから、やらせはしない。」
しかし、どんなことでも、”(できるかはわかんないけども、)とにかくやってみる!!”って気持ちが大切なんではないでしょうか??
漢字能力検定に対しても、「落ちるかもしれない・・・」なんて不安がある利用者様もおり、なかなか踏み出すことができずにいました。しかし、結果として、漢字検定能力試験合格という大きな合格証書を得ることができました!!
この結果は彼女にとって、大きな”自信”というものに繋がることができました!!


一歩を踏み出す
 ↓
嬉しい結果を得る
 ↓
自信を得る
 ↓
次への”挑戦”をする
 ↓
一歩を踏み出す
 ↓
嬉しい結果を得る
 ↓
自信を得る
 ↓
次への”挑戦”をする
 ↓
 …

このサイクルを繰り返した時、自分への自信を持つことができ、最大の目標である”社会参加・社会復帰”という目標に繋がるのでは、と考えております。
障がい福祉センターみらいでは今後、漢検のみならず、パソコン検定や数検等を積極的に開催し、メンバーの”自信”というものを育んでいく方針であります!

合格した皆さん、本当におめでとうございました!!

障がい福祉センター みらい

みらい夏合宿2014、今年は千葉・鴨川へ!!

今年は・・・千葉・鴨川にて、みらい合宿を行いました(^O^)

-海が見たいんだ!-、-マンボウを見てみたいんだ!- そんなメンバーさんの声を受け、今年は毎年恒例のひだまりグループ別荘ではなく、千葉・鴨川へ1泊2日旅行に出掛けました!
海の無い古河市では食べられないサザエだったり、おさかなだったり、食で初めての体験をしたり、海の風を沢山受けて、潮の匂いを感じたり、鴨川シーワールドではシャチに水を掛けられたり・・・たくさんの思い出に残る経験ができたと思います!

自立支援という面では、特に、一年間貯めてきた工賃を使って参加されたメンバーさんが多く、自立への一歩を歩んでいるように感じられました。
親元を離れることに不安を感じていたメンバーさんもおりましたが、”楽しかった!また行こうぜ!”という言葉を帰りのバスで話して下さった時、本当に涙が出るくらい嬉しく感じました。
自立という一つの成長の階段があったとすれば、今回の合宿を通して、メンバーの皆さんもまた一歩階段を上がったのかもしれませんね・・・

「みらい」って?

「みらい」は一年間に行事が45個もある!

就労継続支援B型のお友達はその行事を目標にし、作業をして貯金をしています。
作業と行事を通して、けじめを学びます!

「みらい」はアットホームです!

スタッフとメンバーの関係がより綿密に築けた環境です。
「みらい」に来て、「みらいにずっといたい」なんて言ってくれるお友達がたくさんいます!

スタッフとご両親との連絡がしっかり取れています!

担当スタッフがご自宅までしっかり送迎。
帰りの際は担当スタッフが一日の様子をご報告します。

当グループのデイサービス施設が隣接していてます!

事務所、デイサービスのおじいちゃんやおばあちゃん、スタッフ、ボランティア・・・
たくさんの目でメンバーの成長を見守っています。
多くの人と交流ができます。まるで大家族のようです。

地域に密着した「みらい」です!

内職の提携先、お散歩道のご近所さん、職員の家族みんながお友達の成長を見守っています!

一人ひとりの個性を大切にします!

メンバーの持つ各々のペースを大切にし、メンバーに合った仕事に班分けしていきます。

障がい福祉センターみらい概要

多機能型指定障害福祉事業所

生活介護(定員15名)
就労継続支援B型(定員10名)
日中一時支援(一日10名)
※日中一時支援に関しては古河市、境町、五霞町から委託を受けています。

職員の配置状況

  • サービス管理責任者

    常勤:1人

  • 職業指導員

    常勤:1人/非常勤1人

  • 生活支援員

    常勤:3人/非常勤1人

  • 看護師

    常勤:1人/非常勤1人

営業日及び営業時間

営業日:月曜日~土曜日(土曜日、祝日も営業しております!)
営業時間:8:30~17:00 
定休日:日曜日、1月1日~1月3日

活動紹介

生活介護

ご利用者様の支援を目的とし、心身の状況等の把握に努めます。
食事の準備、摂取、食後の観察に努めます。
入浴に関する活動について、衣服の着脱から洗体援助まで全て支援いたします。
ご利用者様の状況に応じて、生産・創作活動ができるように支援いたします。

就労継続支援B型

ご利用者様の支援を目的とし、心身の状況等の把握に努めます。
一般的就労に必要な知識・能力向上のための必要な訓練を行います。
実習・求職活動等を支援し関係機関との連絡を取りながら、職場定着のための支援を行います。
生産活動・職業の提供をいたします。
  • 班分け

    主な生産活動・職業内容

  • 軽作業班

    ラムネ入れ、紙袋生産仕上げ、型抜き、学研の教材付録詰め等

  • エコ班

    アルミ缶とスチール缶の選別、業者への搬出等

  • 手芸班

    みらい犬製作、小物製作、エコグッズの製作等

  • 料理班
     

    健康食品生産
    (サーターアンダギー、黒糖おいなり、ラスク、クッキー等)

  • 農作業班

    農産物生産等(じゃがいも、さつまいも等)

利用料金

生活介護

目的:機能及び日常生活の維持向上のための支援を行います。
  • 施設料

    区分2:525円(※)/区分3:572円(※)

  • 給食

    500円

  • おやつ

    100円

  • 入浴

    100円

  • 送迎

    10円/km

就労継続支援B型

目的:自立した日常生活、又は社会生活を営む事ができるよう、就労の機会を提供する。
また、知識及び能力の向上に必要な訓練を行います。
  • 施設料

    590円(※)

  • 給食

    500円

  • おやつ

    100円

  • 入浴

    機械浴:500円 一般浴:250円

  • 送迎

    10円/km

(※)個人負担額は所得によって軽減されます。

古河市初!! 就労継続支援A型事業&就労移行支援事業開始!

~共に生きる~

平成25年4月1日より開始しました、就労継続支援A型事業と就労移行支援事業のご紹介です。

古河市では障がい者が雇用され、働ける企業は徐々に増えてきております。しかし、国が定めるほどの雇用率を満たしている企業というのは多いとは言えない状況でした。
そこで、この度、みらいの翼という就労継続支援A型事業(通称:就労A)を開始し、雇用を積極的に行い、障がいのある方が、胸を張って働ける場を作ることに致しました。

また、就労移行支援では、独自の繋がりのある企業へ積極的に就職できるよう支援し、社会で活躍できるメンバーの育成に励む方針であります。

就労継続支援A型・就労移行支援の目玉事業として、5月より、しいたけの菌床栽培を開始しました。
しいたけの生産・販売事業を展開し、今後は大手スーパー等へのサプライヤーを目指し、障がい者の工賃アップを目指す方針であります。
また、農業生産部門は畑での野菜の栽培を開始、レストラン部門はみらいの独自ブランド確立を目指し、3本の柱で事業展開を行う方針であります。

見学等、随時承っております。
詳しくは0280-23-3955まで!!

障がい福祉センター みらい

営業日:月曜日~土曜日(土曜日、祝日も営業しております!)
営業時間:8:30~17:00 
定休日:日曜日、1月1日~1月3日
TEL:0280-23-3955